疎遠な方への挨拶状の書き方

結婚報告を済ませておらず、なおかつ遠縁などの関係上で希薄な方に対してはハガキによる挨拶状で報告することも1つの手です。
特に意識したいのが、報告の遅れ・相手の紹介・今後の抱負や近況報告・相手への配慮などが挙げられます。
ハガキでは印刷が適していますが、重要な部分は手書きで書き記すこともポイントで、例えば、妊娠の報告などのプライベートな内容が当てはまります。
伴侶として紹介したい場合にはツーショットの写真を添付することが適しており、相手の顔がはっきり分かる写真や家族の集合写真なども遠方に住む親族からは喜ばれる傾向にあります。
ですが、希薄となる方に対する挨拶状では写真の添付で逆に気を使わせる場合も挙げられるため、文面のみに留め、幸せな家庭を築きあげたいなどの抱負を組み入れます。
重要視すべきは、相手の健康や家庭の幸せを祈る内容を最後に添えることにあり、会う機会がない分、健康で多幸が訪れる内容を付帯します。

ペット火葬 名古屋

遺品整理 名古屋

樹木葬 静岡県

ペット火葬 浜松

関西の墓地検索サイト

最新投稿