結婚の挨拶状の送り方

結婚の挨拶状とは、別名「結婚式における最後の儀式」とも呼ばれており、式を挙げたあとに送るのが一般的です。
送る相手は、式に来てくれた親戚や友人、同僚や上司などの親しい人たちです。
また、「結婚報告はがき」というはがきで送る人が多く、その内容は以下の通りです。
まずは「名前」、二人の名前を書き、それぞれの親しい人たちにパートナーの名前やその読み方を正確に紹介をします。
次に「入籍日」です。
いつ入籍したのかをここに報告します。
他に、新居など「住所」が変わった場合には、これも合わせて挨拶状で報告をします。
最後に、これからも変わらぬお付き合いをお願いしますといった、「挨拶文」を入れます。
他に、親戚などの身内であれば、式の写真や二人の写真を入れるのも大変喜ばれます。
ちなみに、挨拶状を送るタイミングは、なるべく早い方が良いといわれていますので、忘れそうで不安だという人は、式の前から予め手配をしておくと安心です。